カテゴリー別アーカイブ: 国内旅行

絵でわか〜る全国旅行支援

旅行する家族3人のイラスト:年内は12月27日まで

国内旅行がお得になる全国旅行支援、この1ページでサクっとわかるように、イラスト多めでまとめました〜。

11月28日追記:支援の延長が発表されました。

全国旅行支援は12月20日までの予定でしたが、年内は12月27日まで延長され、年明け以降にも継続して実施されることが発表されました(参考ページ)。
ただし年明け以降は、割引額やクーポン金額が以下のように引き下げられてしまうようなので、できれば年内に行っておきたいですね〜。

2022年(12月27日まで)、2023年以降(開始・終了時期は未定)。割引額、40%割引き→20%割引き。割引額の上限、交通+宿泊の場合8000円→5000円、宿泊のみ・または日帰りツアーの場合5000円→3000円。クーポン金額、平日3000円→2000円、休日1000円のまま変わらず、原則電子クーポンになる。

まずはザックリこんな制度

全国旅行支援とは、旅行予約サイトなどから国内旅行商品(ツアー・宿泊・日帰り旅行など)を申し込むと、その代金が割引きされて、旅行先で使えるクーポンももらえるという制度。

予約サイト・旅行会社・宿泊施設→国内旅行を予約(日帰りも対象)→旅行代金の割引き+旅行先で使えるクーポン:喜ぶ女性のイラスト「ヒャッホー!」

割引きを受けるには、「3回目のワクチン接種証明」か「PCR検査などの陰性証明」が必要になります(12歳未満は不要)。

「3回目のワクチン証明」または「PCRなどの陰性証明」:各証明書のイラスト

もうちょっと詳しく

いつまでやってる?

実施期間は12月20日まで(予約する日じゃなくて、旅行する日が基準)。
たとえば宿泊なら12月27日宿泊分まで適用:12月27日に寝てる女性のイラスト「ギリギリOK…」

どのくらい割引きされる?

旅行代金(ツアー料金や宿泊費)の総額から40%割引されます。

旅行代金の総額から40%割引き(最大7泊まで):割り引かれたお札のイラスト

ただし最低旅行代金が設定されていて、旅行代金がこれ未満だと割引きは適用されません。

最低旅行代金。平日=1人・1泊あたり5000円。休日=1人・1泊あたり2000円。「平日」と「休日」の定義については下のクーポンについての説明を参考に。

また、割引額には上限あり。旅行の種類によってそれぞれ以下の上限があります。

割引額の上限。交通+宿泊(航空券付きツアーなど)=1人・1泊あたり8000円。宿泊のみ=1人・1泊あたり5000円。日帰りツアー(交通付きのみ対象)=1人・1泊あたり5000円。

たとえば、交通付きツアーで家族3人で2泊する場合、割引きの上限額は「8,000円×3人×2泊で48,000円」になります。
旅行代金が12万円を超えないとこれを上回らないので、かなり高めの旅行じゃなければ上限は気にする必要ないと思います。

たとえば総額10万円の航空券付きツアーで、家族3人で2泊する場合、10万円の40%で4万円割引き。割引額の上限を計算してみると、1人1泊あたりの上限額8000円×3人×2泊=割引額の上限48000円。この上限は超えてないから、割引額は4万円のまま。
基本的に子供も割引人数に入ります。旅行会社や宿によっては、無料の幼児は対象外の場合もあるので要確認。:喜ぶ子供と赤ちゃんのイラスト

ちなみに割引額をサクッと知りたいときは、カシオの全国旅行支援計算ページが便利です。

クーポンはいくらもらえる?

もらえるクーポンの額は平日と休日で違ってて、平日だと3,000円分(1人1泊あたり)、休日だと1,000円分(1人1泊あたり)もらえます。

だいたい紙のクーポンだけど、都道府県によっては電子クーポンの場合も。旅行当日のチェックイン時にもらえます(日帰りの場合は係員から)。

「休日」の定義について
宿泊旅行と日帰り旅行で「休日」の定義が変わります。宿泊旅行の場合は土曜日のみ、日帰り旅行の場合は土日祝日が休日扱いになります。

※厳密には「宿泊日とその翌日が共に休日(土曜・日曜・祝日)の場合」という定義だけど、12月20日までの期間でこれに該当するのは土曜日だけなので、単純に土曜日だけと考えてOK!

たとえば家族3人で土日で2泊する場合、
土曜:1,000×3人=3,000円
日曜:3,000×3人=9,000円
で、合計12,000円分になります。

たとえば家族3人で土日宿泊する場合、土曜日(休日あつかい)は1人あたり1000円×3人=3000円、日曜日(平日あつかい)は1人あたり3000円×3人=9000円、合計クーポン額は12000円分。
基本的に、子供も大人と同じ額もらえます。旅行会社や宿によっては、無料の幼児は対象外の場合もあるので要確認。:クーポンもらって喜ぶ子供と赤ちゃんのイラスト

クーポンの総額を知りたいときも、カシオの全国旅行支援計算ページが便利です。

クーポンはどこで使える?

クーポンは、旅行先の都道府県で、基本的に旅行期間中だけ使えます(都道府県によっては旅行後も何日か使えるところも)。

使えるお店は都道府県によって違うけど、飲食店や観光施設はもちろん、コンビニやスーパー、交通機関、レンタカー、ガソリンスタンドなどでも使えることが多いので、使い道に困ることは無いと思います。

詳しくは、以下の各都道府県の取扱店リストをご参考に!

各都道府県のクーポン取扱店リスト

旅行当日には何が必要?

旅行当日には、「3回目のワクチン接種済証明」か「PCRなどの陰性証明」、それに「本人確認書類」が必要です。

証明書類については以下のとおり。検査をする場合は各都道府県が無料で検査をしてるので、このページからチェック!

本人確認書類については以下のとおり。1点で大丈夫なものもあれば、2点組み合わせる必要があるものもあります。

必要書類について詳しくは、JTBのこのページがわかりやすいです。

予約は早いもの勝ち

全国旅行支援は、あらかじめ決められた予算を各都道府県が各事業者に配分していて、その予算を使い切ったところから受付が終了してしまいます。

だから、あるサイトが受付終了している都道府県でも、他のサイトではまだ受け付けているということもあります。

また、月ごとに予算を分けて配布している県もあるので、すでに終了していても再開する場合も。

なんにせよ、予約は早めに、色んなサイトを見てみるのが吉です。

予約の流れ

旅行予約サイト(JTB)を例に、旅行支援を使った予約の流れを簡単に説明します。
といっても、旅行支援の対象プランを選ぶこと以外は、フツーの旅行予約と手順は一緒。

手順1:旅行先の受付状況をチェック

予約サイトには全国旅行支援の専用ページがあるので、まずはそこで旅行先の受付状況をチェック。

手順2:旅行支援の対象プランを検索

旅行支援のページからそのまま対象のプラン一覧に飛べるサイトもあれば、自分で検索しなきゃいけないサイトもあります。
一覧ページでは、わかりやすく「支援対象」と表示されてるサイトもあれば、特に表示が無いサイトもあります。

手順3:申し込みを進める

プランが決まったら、通常どおり申し込みを進めます。だいたい申し込みの途中で旅行支援の確認事項が出てくるので、同意にチェック。

それ以外には特に変わった手順はなく、だいたい自動的に割引きが適用されます。

手順4:割引内容を確認して予約完了

最終的な割引額は、申し込みの最後のほうで出てくることが多いです。ちゃんと割り引かれていることを確認して、予約完了!

おもな予約サイト

予約サイトはいろいろ見比べてみるのが吉。各サイトの全国旅行支援専用ページをまとめました(空き具合などは11月12日確認)。

まずはメジャーどころ

JTB(宿泊用)
JTB(ツアー用)
結構空いてる。宿泊用のクーポンはだいたい「1泊限定」なので注意。
近畿日本ツーリスト
結構空いてる。宿泊と交通+宿泊。空いてる都道府県を選ぶと、対象のプランが表示される。対象外のプランは、タイトルかお知らせ欄に対象外と記載あり。
楽天トラベル
宿泊と交通+宿泊。半分くらい停止してる。先にクーポンを獲得して、そこから対象施設を選ぶ方式。
Yahoo!トラベル
ヤフーパック(宿泊+航空券)
半分以上の県が停止してる。空いてる都道府県を確認してから、自分で検索するスタイル。
じゃらん(宿泊)
じゃらんパック(交通+宿泊)
半分以上停止してる。空いてる都道府県を確認してから、自分で検索するスタイル。支援対象の表示はわかりやすい。
H.I.S
ツアーがメイン。日帰りバスツアーもあり。

ゆったりオトナ系

ゆこゆこ
温泉旅行に強い。宿泊のみ。割引クーポンを獲得してから宿を検索、予約画面でクーポンを選択する方式。クーポンは平日用と休日用で分かれてる。結構空いてるように見えるけど、クーポン獲得画面に行くと終わってる場合も多い。
一休.com
高級志向の宿泊サイト。半分以上停止してる。空いてる都道府県を確認してから、自分で検索するスタイル。検索画面では対象/対象外がアイコン表示されててわかりやすい。
クラブツーリズム
日帰りや宿泊のバスツアーがメイン。トップページのバナーから旅行支援ページへ。

余裕があれば見ておきたい

エアトリ
宿泊と交通+宿泊。半分くらい取扱終了してる。このページで空いてる都道府県を確認してから、自分で検索する必要があるのでちょっと面倒。ただアプリでの10〜20%ポイント還元は魅力。
ジャルパック
航空券+宿泊(ダイナミックパッケージ)がメイン。結構空いてる。行き先を選択→確認事項に同意→プランを検索という流れ。幼児(3歳未満?)は割引やクーポンの対象外。
ANAスカイツアーズ
飛行機利用のツアーのみ。支援対象のツアーは、タイトルや写真の上に対象の表示あり。料金が無料の乳児(0~2歳)は割引やクーポンの対象外。
日本旅行
宿泊と交通+宿泊。半分くらい空いてる。上の特集ページから各都道府県の対象プランを検索。オンライン予約の場合、添い寝幼児は支援の対象外になるとのこと。
ジェイトリップ
JAL使用のツアーのみ。結構空いてる。

以上、取り急ぎまとめた内容なので、間違っているところやわからない事があればお気軽にコメントください!