航空券のお勉強!チケットの種類

「航空券って、航空会社から買うのと旅行代理店から買うのと、なにか違いがあるの?」「オープンとかフィックスとかって何なの?」そのへんをスッキリさせておきましょ〜♪

航空券の種類

航空券には大きく分けて「ノーマル航空券」「正規割引航空券(PEX)」「格安航空券」の3種類があります。「ノーマル航空券」はいわゆる定価の航空券。バカみたいに高いので、ここでは無視しま〜す。

「正規割引航空券(PEX)」と「格安航空券」の違い

種類 正規割引航空券(PEX) 格安航空券
説明 航空会社が販売しているチケット。旅行会社から買うと手数料がついたりするので、航空会社から直で買ったほうがいい 航空会社からまとめ買いしたツアー用のチケットを、旅行会社がバラ売りしているもの
価格 全体的に高めだけど、格安航空券より安い場合もある まとめ買いしているので、正規割引航空券より安いことが多い
マイル 100%〜70%付く だいたい50%以下。付かない場合も
座席指定 できる できないことが多い

以前は格安航空券の方がだんぜん安かったけど、最近はその差が縮まってきて、正規割引航空券のほうが安いなんてことも多いみたい。てことで、両方比較してみるのがいいと思います。

FIXとOPENの違い

格安航空券にはさらに、FIXチケットとOPENチケットの2種類があります。

FIXチケットというのは、帰国の日時が決まっている航空券。
いわゆるフツーの航空券ですね。

OPENチケットというのは、帰国の日時が変更可能な航空券。有効期限内(30日とか90日とかチケットによって色々)であれば帰国便を自由に選ぶことができます。当然、FIXチケットよりも高めになります。

※最近はFIX OPENなんてチケットもあります。一度のみ帰り便の変更が可能(有料な航空会社もあり)。

OPENチケットは、渡航先によってビザをもっていないと入国できない場合があるので、事前に確認が必要。

カテゴリー: 計画編   パーマリンク
スポンサーリンク

海外行けなきゃ国内だっ。全国旅行支援まとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です