飛行機内で使える電子機器


「機内で3DSって使えたっけ?」「スマホはずっと使えないの?」
飛行機内で、いつ、どの電子機器が使えるのか・・・
一見ややこしそうに思えるけど、その判断基準は意外とシンプル。

2014年9月1日から電子機器の制限が緩和されたので、
最新の内容に沿って記事を修正しました。

判断基準は「電波を発信するかどうか」

その電子機器が飛行機内で使えるかどうかは、
「電波を発信するかどうか」で判断します。

  • 電波を発信する電子機器 = ドアが閉まってから着陸するまでは使えない
  • 電波を発信しない電子機器 = 常時使える

基本的にルールはこれだけ。シンプルでしょ?

電波を発信するものって?

じゃあ、機内での使用が制限されている
「電波を発信する電子機器」ってどんなもの?

代表的なところではトランシーバーやスマートフォンなどがあるけど、
スマートフォン、タブレット、パソコン、携帯ゲーム機などは、電波を発しない状態にしておけば大丈夫(下で詳しく触れます)。
Bluetoothなどを使ったワイヤレスマウス・ヘッドホンも、(一部の古い航空機を除いて)電波を発しない機器扱いになります。

スマホや携帯型ゲーム機は使えるの?

結論を先に言ってしまうと、スマホも携帯型ゲーム機も
基本的には、電波を発しない状態にしておけば常時使えます(最終的には各航空会社の判断になりますから、乗務員さんの指示に従ってください)。

iPhoneなどのスマートフォン

機内モード」など電波を送受信しない設定にしておけば、基本的には常時使用できます。

携帯型ゲーム機

無線通信機能をオフに。電波に耐性のある一部の航空機では、ゲーム機同士のローカル通信も常時可能。

機内Wi-Fiサービスなんてのもある
一部の航空便では、機内でWi-Fiが使える有料サービスもあります。利用には申し込みが必要で、利用する時は機内モードに設定してからWi-Fiを有効にします。
(JAL)国際線 機内Wi-Fiサービス
(ANA)国際線 Wi-Fiサービスのご案内
カテゴリー: 空港・飛行機編   パーマリンク
スポンサーリンク

飛行機内で使える電子機器 への1件のコメント

  1. 一人旅専門 より:

    2014年9月1日から大幅に
    緩和されてますよ。航空会社各社のウェブサイトを参照するとわかります。
    大きなところではBluetooth機器が常時使用可能になった事でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です