お金はどうやって持っていく?


海外旅行のお金、なにをどのくらい持っていけばいいのか、
細かいこと考えすぎると余計ワケワカラン\(^o^)/になっちゃいますので、ざっくりと知っておきましょ〜。

お金の持ち方を比較!

「現金」「クレジットカード」「銀行カード(国際キャッシュカード)」「トラベラーズチェック」(※)それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょ〜。
※2014年3月に国内のトラベラーズチェック販売は終了したので、ここでは除外します。

現金 クレジットカード 銀行カード
安全性
×

たくさん現金を持ち歩いてると危険。盗まれたらオシマイ。

◯

不正利用されても補償される。

△

ATM使用時に多少危険がある。ATM故障時の対応が面倒。

使える場所の多さ
◎

どこでも使える。

◯

使えるお店は多いが、地方や小さいお店では使えないことも。

△

国や地方によってはATMが少ないところも。

レート・手数料
△

クレジットカードやT/Cと比べるとあまり良くない。

◎

レートが良く手数料も少なめなので、基本的に一番お得。

×

あまり良くない。引き出すごとに手数料+ATM使用料がかかる。

その他 チップを払うときには現金は必須。 割引や旅行保険などサービスが付いてたり、身分証がわりになったり、メリットが多い。 その国の通貨で引き出せるので、数カ国を旅する人は特に便利。

で、結局なにをどのくらい持っていけばいいの?

基本的に、現金とクレジットカードがあれば困ることはありません

  • 基本はクレジットカード
  • クレジットカードを持っていないとレンタルなど借りれない場合もあり。マイナーな渡航先に行く場合は現金が主!!

  • カードが使えない店やチップのために必ず小額の現金
  • いくらカード社会とはいっても必ず必要な時があるもの…

  • トラベラーズチェック(T/C)が使える国なら、現金とT/Cを組み合わせて
  • トラベラーズチェックの方が両替レートがお得で安全。

  • 銀行カードは、持ってて損はないけど極力使わない
  • 銀行の手数料とATM使用料の両方を支払うことになるので、短期旅行の場合はクレジットカードのキャッシングを使ったほうが安かったりします。

小ネタ

日本で両替していく?現地で両替する?

米ドルとユーロは現地で両替すると手数料が高いので、
日本で両替しておいたほうがおトク

逆に、それ以外の通貨は日本で両替すると手数料が高いので、
現地で両替したほうがおトク

参考:旅のお金-両替(Wikitravel)
強い通貨・弱い通貨という言葉を使ってわかりやすく説明されてます。

意外とお得なクレジットカードのキャッシング

キャッシングと聞くとちょっと抵抗があるかもしれませんが、利息込みで考えても銀行カードよりお得なことが多いです。短期旅行で帰国後すぐに返済できるなら、銀行カードの代わりに利用してみてもいいと思います。

国ごとの違いは検索してみる

国によっては、現金しか使えなかったりATMが少なかったりなんてことがあります。そんな国ごとの事情は、Q&Aサイトで検索・質問してみましょ〜。

カテゴリー: お金編   パーマリンク
スポンサーリンク

お金はどうやって持っていく? への3件のコメント

  1. 筒井 より:

    行ってみたいな。海外旅行。元気な時に。

  2. akiko より:

    お金の持ち方を比較!という項目で、現金のレートや手数料とはなんですか?
    無知でごめんなさい(T_T)
    5年ぶりに海外に行くのでとても参考にさせてもらってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です