カテゴリー別アーカイブ: 準備編

海外旅行保険はどうしよう?


今までは何となくの習慣で海外旅行保険に入ってたんだけど、そもそも入る必要があるのか、カードに付いてる保険と何が違うのか、改めてちゃんと調べてみました〜。

海外旅行保険って必要?

結論から言うと、クレジットカードを持ってない人は海外旅行保険に入っておいたほうがいいと思います(カードの保険については↓で説明します)。

「ジェイアイ傷害火災」発表のデータ(2015年度)を見ると、海外旅行保険に入った人のうち3.6%(28人に1人)が事故に遭っているそう。

で、そのほとんど(95.4%)を占めてるのが以下3つのケース。

  • 1位:治療・救援費用
    ケガや病気のときの治療費・救急車の費用など
  • 2位:携行品損害
    手荷物が盗まれたり壊されたりした場合の補償
  • 3位:旅行事故緊急費用
    飛行機が遅れたり欠航した時の宿泊費・交通費
    預けた手荷物が届かない時の補償など

たしかにどれもあってもおかしくないな〜という感じ。実際わたしも一度ハワイで病院のお世話になったし (-_-;)数日の旅行であればそんなに高いものじゃないので、安心を買うという意味で入っておくことをオススメします。

参考ページ
海外の医療情報・事故データ(ジェイアイ損害火災)
海外旅行中の事故例や国別の医療事情など載っていてとても参考になります。

クレジットカードに付いてる保険との違いは?

保険会社の保険とカードに付いてる保険、大きな違いは以下の3点
これで特に問題がなければカードの保険だけでOKだし、足りない部分だけ保険会社のフリープラン(バラ掛け)で補うというのもアリですね。

カードの保険は「疾病死亡」の補償がない

旅行中に「病気」で死亡した時は補償されないということです。これはかなり特殊なケースなので、どこまで心配するかという話ですね。

カードの保険は治療費の上限が低い

保険会社の保険の場合、支払われる治療費の上限は「1,000万」以上が普通だけど、カードの保険の場合は「50万〜200万程度」とちょっと低め。(ちなみに海外の治療費はこんな感じ⇒参考ページ1参考ページ2

ただ、カード付帯の保険は複数のカードの治療費を合算できる(例:治療費上限100万のカードが2枚あれば200万になる)ので、複数のカードを持ってる人は合算した額で比較してみて。

カードの保険はキャッシュレスサービスが付いていないことも

保険会社の保険の場合、各国の提携病院でキャッシュレス(現金不要)で治療を受けられるのが普通だけど、カードの保険にはキャッシュレスサービスが付いていないことも。その場合は、現地で立て替え払いする必要があります。

カードの「自動付帯」と「利用付帯」は要確認!
カードの保険には、自動的に保険が適用される「自動付帯」と、旅行に関する料金をそのカードで支払わないと保険が適用されない「利用付帯」があるので事前にチェックしておきましょう。「利用付帯」の場合、ツアー料金や空港までの交通費をそのカードで支払う必要があります。
参考になるページ

有名どころの保険会社を比較してみる

有名どころの会社を保険料でグループ分けするとだいたいこんな感じ。

安めグループ

中間グループ

高めグループ

これらの会社の主な補償内容を比べてみると、どこも治療費上限は1,000万円以上だし、サポートは24時間日本語受付だし、治療費はキャッシュレスでOKだし、それほど大きな違いはありません

ただ、たとえばAIUは出発前からの持病まで補償されたり、細かいところを見れば高いなりの理由はあるのかな〜。

参考になるページ

実際に保険を使った体験談

わたしの体験談

一度ハワイで40度以上の熱が一週間以上続いて、食べ物どころか水も喉を通らなくなったことがありました(ホントに死ぬかと思った!)。

その時は、数回通院して薬や注射をしてもらって2週間ほどでなんとか復活。。。保険証書の提示ですべて無料になったのでとっても助かりました〜。

ちなみに保険会社はいつもAIU。といっても特に比較して決めたわけではなく、なんとなく習慣になってるだけです。

皆さんの体験談

皆さんなかなか大変な体験されてますっ!

荷造り・パッキングのコツ

「荷造りのコツは、使わない物を持って行かないこと!」
なんてよく言うけど、使うかどうかがわかれば苦労しないですよね〜。てことで最初のうちは、量のことはあんまり気にしなくていいと思います。入り切らなかったら減らせばいいだけ。まずは一回試しにやってみましょ〜☆
(さらに…)

オーストラリアへ行く人はETAの申請を


観光でオーストラリアへ行く人は、
ETA(電子入国許可システム)の申請登録をしておきましょー。
(さらに…)

アメリカへ行く人はESTAの申請を


観光などでアメリカへ行く人は、
ESTA(エスタ)というものを申請する必要があります。
(さらに…)

ちゃちゃっと取ろうパスポート


海外へ行くなら、なにはなくともパスポート。
後で慌てないように早めに取っておきましょ〜♪
(さらに…)